ネットでお得に予約して、指定された受取り薬局で、専門家に相談してから購入するのがアポセレクトの薬局受取りです。


@日本調剤の薬局では調剤経験の豊かな保険薬剤師が常勤しています。 要指導医薬品、第一類医薬品、高度管理医療機器など専門知識が必要な 商品を正しくわかりやすくご案内しています。
Aお医者さんから処方されている医療用のお薬と相互作用や登録販売者が 健康食品との飲み合わせをチェックなど、あなたにあったOTC医薬品をお選びしています。

利用者さまの声


<千葉 男性 53歳>近所のドラッグストアで薬剤師が勤務してなくて買えなかったことが何度もありました。ここなら予約して取りに行けば良いので助かります。
<東京 女性 43歳>調剤薬局の薬剤師さんは病院で処方されるお薬のことも詳しいので安心です。
<千葉 男性 32歳>そのクスリが私の症状に本当にあっているか親身に相談に乗ってくれました。ネットも手軽だけど顔をみて相談できるから信頼できます。
<埼玉 女性 40歳>最近、医療用で使われてた成分のくすりも多くなっているので必ず薬剤師さんに聞くようにしているので助かります。
ジャンルの詳細
生活習慣病の薬
偏食、運動不足、喫煙、ストレス。生活習慣病はその名の通り、ふだんの生活習慣が、発症や進行に深く関わっています。
肥満防止 | 高コレステロール | 禁煙補助薬 | 糖尿病 |
生活機能の薬
生活機能障害とは、筋骨格系、心肺機能、認知精神機能において、日常生活動作を支えるために必要な最低限の能力を保てなくなることです。
関節痛/肩こり/腰痛 | 眼精疲労/肩こり/腰痛 | 手足のしびれ/神経痛 | 総合ビタミン | カルシウム補給 | 薬用酒 | 男性更年期 | 疲れ/滋養強壮 |
育毛/発毛の薬
人間の髪には、生えてから抜けるまでの成長サイクル(ヘアサイクル)があります。そのサイクルを正常化して、髪が自分の力で育っていけるようサポートするのが「発毛・育毛」です。
育毛/発毛の薬 | 頭髪以外の育毛/発毛 | 円形脱毛症 |
女性の薬
更年期障害とは、ホルモンバランスの乱れが原因の身体的・精神的不調のことです。更年期症状(更年期障害の症状)を良く知って、上手く更年期を乗り切りましょう。
総合婦人薬 | 更年期障害 | 月経不順 |
尿トラブルの薬
尿失禁や頻尿,排尿障害といった症状には,その原因が排尿障害の病態や生活習慣,あるいは生活環境によることもあるため,これらの原因についてアセスメントすることが的確な治療やケアを導きます。
ドリンク剤 | 尿漏れ/頻尿/残尿 | 腎炎/膀胱炎 |
かぜ薬
風邪(かぜ)は ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。
総合感冒薬 | 鼻水 | 咳止め/去たん | 発熱 | のどの痛み | トローチ | のどスプレー | うがい薬 |
解熱鎮痛薬
痛みはプロスタグランジンという物質が体内でつくられ、これが神経系の痛覚を刺激し、同時に体温も上昇させることがわかっています。
歯痛 | 頭痛/生理痛など |
胃腸薬
胃が重たい、胃もたれ、胃痛、むかつき、吐き気、胃痙攣。様々な胃の症状は胃が診てほしいというシグナルです。
総合胃腸薬 | 胃痛 | 胸やけ/むかつき | 食べすぎ/飲みすぎ | 胃部膨満感 | 食欲不振/胃もたれ | 二日酔い |
目の薬
目薬は日々のパソコン仕事での眼精疲労、疲れ目や乾き目、目のかゆみなど様々な症状を和らげるためにサポートしてくれます。
抗アレルギー目薬 | 人工涙型点眼液 | 清涼感タイプ | 疲れ目/かすみ目など | 洗眼液 |
口の薬
原因や症状はさまざまですが、健康な状態であれば口内炎ができて辛い思いをすることはありません。体の不調のシグナルと考え、日常生活や体調を見直すきっかけにしましょう。
口内炎 | 口唇ヘルペス |
鼻の薬
「慢性副鼻腔(びくう)炎」とは、一般的には「蓄膿(ちくのう)症」といわれている認知度の高い病気です。かぜが誘因となって細菌が感染し、副鼻腔が慢性的に炎症を起こして膿がたまった状態をいいます。
蓄膿症/副鼻腔炎/慢性鼻炎 |
花粉症/アレルギー薬
「アレルギー性鼻炎」の3大症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり。季節に関係のない鼻炎は「通年性アレルギー性鼻炎」、花粉が原因で起こる鼻炎は「季節性アレルギー性鼻炎」といいます。
抗アレルギー剤 | 鼻炎スプレー |
腰/肩/筋肉痛の薬
「線維筋痛症」は、首から肩、背中や腰、お尻など、広範囲にわたる痛みやこわばりといった症状が出ます。
プラスター剤 | 塗り薬 | 冷感パップ剤 | 温感パップ剤 | 内服薬 | スプレー | お灸タイプ | こむらがえり/筋肉のけいれん |
心臓/血液の薬
動悸を伴う病気には、弁膜症・心筋梗塞・心筋症や不整脈そのものなどの心臓が原因で起きるものと、発熱や貧血、高血圧などの心臓以外が原因で起きるものがあります。
動悸/息切れ | 貧血薬 |
鎮静薬
不眠・不眠症にはさまざまな原因がありますが、ストレスやイライラした気分が引き金になって生じる場合が非常に多くあります。
睡眠鎮静薬 | 精神安定薬 | イライラ |
下痢止め薬
排便回数が増え、軟便あるいはかゆ状の便が出てくる下痢。一般に4週間以内の下痢を「急性下痢」、それ以上続く下痢は「慢性下痢」と呼ばれています。
下痢止め |
整腸薬
食べ過ぎや、冷えなどで腸の動きが低下すると、腸内で異常発酵が起こり、おなかがゴロゴロ鳴ったり、オナラが出たりします。
便通 | 膨満 |
便秘薬
便通は本来、毎日あるのが健康な状態です。3日以上なかったり、便が硬くて量が少なく残便感があったりする状態を便秘と呼びます。
座薬 | 錠剤/カプセル/顆粒など | 内服液剤 | 浣腸 |
痔の薬
痔の発症には、便秘や下痢、食事など、普段の生活習慣が大きく関わっています。痔を治すために、薬を使うことも大切ですが、何より「生活習慣」を改善することが基本となります。
座薬 | 軟膏剤 | 外用液 |
水虫/たむしの薬
水虫は、白癬菌というカビが足などに繁殖して起こる皮膚の病気。正式には「白癬」といいます。男性に多いイメージがありますが、女性でも水虫に悩まされる人は増えています。
スプレー/エアゾール | 外用液 | 軟膏/クリーム |

詳細TOPに戻る

他のジャンルを探す
ジャンルのリスト